TEL:0120-233-546 お見積りはこちら
中小企業PL保険制度
求人募集
  • 社長の部屋
東京23区を中心に関東全域、広島県・岡山県・山口県・鳥取県・島根県(中国地方)、徳島県・香川県・愛媛県・高知県(四国地方)、福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県(九州地方)、岐阜県

害虫・有害獣駆除

2019-01-22 大分市 ネズミ駆除管理

日東防疫現場担当の森永です。
今週の現場は大分市のネズミ定期管理
です。
この現場に入るのは2度目になりますが
天井裏も落ち着いていたので今回も
大丈夫だろうと思っていたのですが
やはり相手は生き物、油断はできませんね。

この状態です。小嶋隊長にも来てもらい
原因を追求していきます。
瓦の隙間の小さな穴も潰して様子を見て
頂きました。
あらゆる事態を想定して私達は仕事を
しなければいけませんね。


これは昨年の沖縄旅行での一枚です。
朝から土砂降り。雨具を用意してて助かり
ました。
今週も頑張っていきましょう。以上現場
担当の森永でした。

2019-01-17 ワモンゴキブリ

おはようございます!
日東防疫別府営業所
木曜日担当の福田です!!
 
先週からひいていた風邪もやっと治り
今日から愛媛に出張に行ってまいります!
どんな現場なのか今から楽しみです
そして今日は
タイトルにも書いています
ワモンゴキブリについて書いていきます
  
ワモンゴキブリは日本における
屋内性ゴキブリとしては最も
大型の種類です
もともとは南九州から沖縄にかけて
生息していたのですがビルの増設や
温暖化によって急速に分布を拡げてしまい
現在は沖縄から北海道まで広く見られます
産卵についですが
1卵鞘(卵の入った鞘)中の卵の数はおよそ
6~18個
一生に10~84回卵鞘として産卵するようです

しかしやはりどのゴキブリもですが
衛生面にはよくありません
どこにでもいるゴキブリ
どんな所に病原菌をつけているか
解りません!なにかあれば早めの対策が
必要でしょう!

2019-01-15 別府市 チャバネゴキブリ

日東防疫現場担当の森永です。
今日は、チャバネゴキブリについてです。

チャバネゴキブリの幼虫は、1番小さな
もので約3mm。黒い体に黄色のまだら模様
があります。幼齢、中齢、老齢(6齢)と脱皮
を繰り返し、脱皮殻も食べて大きくなって
いくチャバネゴキブリ。
寒さに弱く、冬は家電製品の基盤の所など
暖かい場所に巣を作ります。無加温の場所
での越冬はできません。
2~3ヶ月の幼虫期間で寿命は3~6ヶ月です。
卵が孵化するまでの期間は15~30日で、1度に
産む卵の数は、18~50個ほどです。
1年に3~7回産卵します。
同じゴキブリでもチャバネゴキブリとクロゴキブリ
では見た目も習性も全く違いますので、注意が
必要です。
以上現場担当の森永でした。

2019-01-10 新春

日東防疫
別府営業所木曜日担当の福田です
    
新年明けましておめでとうございます!
本年もよろしくお願い致しますm(__)m

今年の長いお休みを利用して
引っ越しの片付けや
買い物などなどやれる事は
全部出来たような気がします!
 
今年は飛躍の年にしていきたいと
思いますので 先輩たちの仕事を
しっかり見て勉強し覚えて
吸収していきたいです!

まだまだ覚える事は多いですが
今年も気合い入れて頑張っていきますので
みなさま
よろしくお願い致しますm(__)m

しかし今
少し風邪気味なのでほどほどに
していきます(笑)

木曜日担当の福田でした!

2019-01-08 チョウセンイタチ

日東防疫現場担当の森永です。
今日は、イタチについて書こうと思います。
民家や畑などに見られていたイタチ、主にニホンイタチ
とチョウセンイタチ、実は2種類にいるのですが、
数的にはチョウセンイタチの方が圧倒的に多い為、被害
に合われた方はチョウセンイタチの確率が大きいです。
特徴はニホンイタチに比べると一回り大きく
鼻の白い部分が目立つのも特徴の一つです。
3~5月に出産し平均4~5匹産みます。およそ3ヶ月で成獣
と同じサイズになり寿命は2年未満とのことです。。
九州では年に2回出産することもあるそうですので、
野放しにしておくと増え続けてしまいますね。
最近では都会のビルや飲食店にも進出してると被害の
問い合わせもあります。
寒さや天敵から逃れる為に室内に入り生活をしますが
糞や尿、イタチ特有の臭い匂いがするので人間には、
何とも耐え難いです。
衛生的にも悪く、天井裏や壁に悪臭だけでなくシミにも
なりますので注意が必要です。

以上現場担当の森永でした。

 

2019-01-03 謹賀新年

明けましておめでとうございます!
本年もよろしくお願い致しますm(__)m
みなさんお正月は、どう過ごされてますか?
 
僕はと言うと年末は引っ越しの片付けに
追われてました(笑)なんとか30日には
終わり大晦日は実家に帰省しておりました!
 
もう少しゆっくりできるので
仕事始めまで養生して
しっかりと努めていきたいですね!

 
今年は成長の年にしたいと思っていますので
より一層頑張っていきたいと思います!

また来週から虫や動物の生態を
綴りたいと思っていますので!!

今日はこの辺で!!
木曜日担当の福田でした!

2019-01-01 クロゴキブリ

明けましておめでとうございます。
日東防疫現場担当の森永です。
お正月はいかがお過ごしでしょうか、
私は好きなお餅を食べて、ウエイトを上げることに
成功しております。

今週はクロゴキブリについて書こうと思います。
クロゴキブリの歴史は2億5千万年前から存在して
いたと言われ、近年ではビルや飲食店などが増え
クロゴキブリは屋内に生息するゴキブリの代表格です。

クロゴキブリは卵期間が31~47日で幼虫期間が84~112日
成虫期間が4~5ヶ月になっています。その間に産卵は
17回、一つの卵から20匹ほど産まれます。

視力は弱く、エサとなるものの匂いなどに寄ってきます。
出来立ての料理より、腐敗臭や生ゴミの匂いを好んで来る
のです。
ゴミ箱や三角コーナー、棚の奥に忘れている古くなった
食材も気をつけなければいけませんね。

外部からの侵入や排水から上がって来たりさまざまですが
隙間を塞いでエサとなるものを置かない。これでクロゴキブリ
と遭遇する機会も減ることでしょう。

退治する方法はスプレーをしたり、ベイト剤を食わして巣に持ち
帰らせたりと、、、色々ですがスリッパでたたくなどの打撃系も
場合によってはありかもしれません。
とにかく見かけたら頑張って逃がさないようにして
繁殖をさせないようにしましょう。
以上現場担当の森永でした。

2018-12-27 ハツカネズミの生態

おはようございます!
日東防疫木曜日担当の福田です
みなさまクリスマスはどうすごされましたか?
僕は引っ越しで潰れました(笑)
  
さて今日は先週に続き
ネズミ(ハツカネズミ)について
書いていこうとお思います

image

こちら左から
ドブネズミ   クマネズミ  ハツカネズミです
見分け方としては他のネズミに比べて
ハツカネズミは小さく ハムスターぐらいの
多きさと言えばイメージしやすいかも
しれません。見分ける最大のポイントは
耳ですハツカネズミは耳が非常に大きいのです
  
体の色はバリエーションがあり
黒色 褐色 灰色 ベージュ 白と様々なのです
 
ハツカネズミの生息場所ですが
やはり寒くなると屋内に侵入する事が
多くあります 農家の納屋などは格好の住みかで
飼料や肥料を食い荒らしてしまうのです
  
ハツカネズミは夜行性ですが
人家に適応したネズミは
夜と言うより 人がいない時間狙って行動したり
する事も多いので ハツカネズミは
適応力に優れているのです

繁殖ですが
生殖活動が行われるのは春と秋で
三週間程度の妊娠期間をもって
1度に2匹~7匹程度の子供を産みます
産まれた子供は12週間程度で性成熟し
次の子供を産むようになります。

先週も書きましたがやはり
衛生面によくありません
何かあれば日東防疫までご連絡を!!
よろしくお願いします!
  
そして今年もありがとうございました!
また来年もより一層頑張ってまいりますので
よろしくお願い致しますm(__)m
今年も残りわずか
頑張ってとばしていきます!!
よいお年を!!
  
木曜日担当の福田でした!

2018-12-25 危険生物クマネズミ

おはようございます。日東防疫現場担当の森永です。

今週はクマネズミについて書きたいと思います。
クマネズミは、ネズミの中でも非常に運動能力が
高く素早い動きに加えて垂直の壁でも登る事が出来ますし
人間が置いたトラップをジャンプして避ける能力を持っている
為、家や飲食店などに住み着かれたら一番厄介な種類だと
言えます。
進入経路を塞ごうと思っても鋭く硬い歯で食い破ってしまう事
もあるうえ垂直な動きもできるので民家とかですと屋根の上
までの小さな穴も塞ぐ必要がある為大変難しいです。
クマネズミの見た目の特徴はまず耳が大きいこと、それから
尻尾が長いこと、ハツカネズミと比べると頭が大きいです、
これらの特徴を当てはめると何の種類か判別がつくと思います

住み着いてしまうと糞や尿でとても臭い匂いがし、そこから
ゴキブリやハエなどの発生などに繋がってしまいます。
エサになる物は雑食の為幅広いですが、主に米やイモ類など
穀物を好みます。チーズやソーセージといった加工品も食べます
ので注意しなければなりません。
クマネズミは生まれて12週間で性成熟し子供を産めるようになり
妊娠して3週間で出産、一度に5.6匹の子供を産みます。
寒いのが苦手な為、巣作りは新聞紙や段ボール、断熱材、布団の中綿
などが利用されがちです。
年末休みの人が居ない時に入られることもありますのでこれからの
時期、気をつけなければいけませんね。
以上、現場担当の森永でした。

2018-12-20 ドブネズミの生態

おはようございます!
日東防疫 木曜日担当の福田です
近頃の気温の低下で
朝 布団から出るのが辛いです(笑)

     

そして今日はドブネズミについて
綴っていこうと思います
ネズミの中でも最も世界で生息数が多いと言われるのが
ドブネズミです
  

メスのネズミは一回の出産で約20匹
産むと言われています
妊娠期間は20日前後と短く産んだあと
すぐに妊娠可能なのです
その産まれた子供も1ヶ月弱もすれば
妊娠可能になると言われてます(驚きです)
ネズミにとって理想的な環境下であれば
 
1匹のメスから2000匹の子供が
1年間で誕生するそうです
ドブネズミは哺乳類として
人間の次に多いとされてるそうです
 
ドブネズミの好む場所ですが
ジメジメした水場を好みます
水の中にも入るので泳ぎも早く
寒さにも強いのです
なので天井を歩いているイメージがネズミには
ありますが屋内ですと
床下に侵入することが多いのです
 
しかし床下だからと言っても
油断は出来ません床下から繋がっている
排水溝の隙間から上がってくる事もあります
そうなるとやはり衛生面の問題になります
どこでどんな形でネズミのもつ病原菌に
触れるか解りません
(サルモネラ菌、ペスト菌、レプトスピラ菌、鼠咬症など)
なのでネズミだからと言って馬鹿には出来ません
 
そんな被害に遭われた場合
弊社で迅速に対応させていただきますので
何か小さな事でも気になるような事があれば弊社にご相談を!!
 
木曜日担当の福田でした!

駆除研究所へのお問い合わせはこちらから