TEL:0120-233-546 お見積りはこちら
中小企業PL保険制度
求人募集
  • 社長の部屋
東京23区を中心に関東全域、広島県・岡山県・山口県・鳥取県・島根県(中国地方)、徳島県・香川県・愛媛県・高知県(四国地方)、福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県(九州地方)、岐阜県

スズメバチについて

2021年6月1日

こんにちは、日東防疫㈱大分オフィスの井戸口です。

スズメバチについて紹介したいと思います。

スズメバチは夏から秋にかけて活動を開始します。特に秋口になると大量の雄バチと新女王バチを

養育しなければなりません。

その一方で、餌になる昆虫類が少なくなる為、攻撃性が非常に高くとても危険です。

巣を見つけてもむやみに近づいたり攻撃される行為はやめましょう。

 

次に、スズメバチの餌についてです。

餌は、昆虫やクモ、樹液、花蜜などです。

成虫は胸と腹部の間が細くなっており、固形物を摂取することが出来ません。

その代わり、昆虫類を肉団子にして幼虫に与えるそうです。

幼虫にとって肉団子のタンパク質は自分自身の成長に必要になりますが、部分的に唾液に作り変えて成虫に返す為

この唾液が成虫のスタミナ源になるそうです。

 

次に、大きさについてです。

スズメバチの大きさは、女王バチが40mm~50mm、働きバチが27mm~38mm、雄バチが27mm~40mm

この数字を見る限り、女王バチは大きいという事がすごくわかります。

もし、近所や家の周りに巣が出来ていたら、駆除研究所までお気軽にご連絡ください。

 

 

もうすぐ夏という事で、夏といえば甲子園ですよね!

去年はコロナウイルスの影響で中止となり、夢を掴む高校球児にとっては とても辛い経験だったと思います。

今年こそは無事に甲子園開幕できるといいですね!

 

 

 

 

 

本日の投稿者:
駆除研究所へのお問い合わせ