TEL:0120-233-546 お見積りはこちら
中小企業PL保険制度
求人募集
  • 社長の部屋
東京23区を中心に関東全域、広島県・岡山県・山口県・鳥取県・島根県(中国地方)、徳島県・香川県・愛媛県・高知県(四国地方)、福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県(九州地方)、岐阜県

コウモリの進化 人の進化!

2020年9月2日

おはようございます。日東防疫(株)大分オフィスの久保です。

日中の暑さで 汗が ツナギを伝い 靴の中へ

そして くつが 水の中に入ってる状態と変わらないことに!

確かに 水分補給すれば 汗となり発汗するのは 解りますが

尋常では 無いと思われる量に自分でもビックリΣ(゚Д゚)

天井裏は 天気の日であれば 60度は 上回っていると思われます。

先日も 天井裏の断熱材回収 引き直しを森永さんと行いました。

断熱材にテンが糞をしていたので 引き直しの施工です。

午前中の作業でしたが、二人で びちょびちょでした。

靴下までびちょびちょでしたので 靴下予備なく 買いに行く

ことになりました。 靴下まで 滴る汗は いままで経験したことは

ありませんでした。 本人もΣ(゚Д゚)でした。それだけ 暑いということ

ですね。

最近 思うこと そして 気づいたことがあります。

お客様と お話してて 昼間日中にコウモリを見たよ。

と言われて 半信半疑? コウモリは夜行性

昼に見ることなど 無いと(固定観念)思っていました。

しかし 私も 今時期の夕方5時くらい太陽もまだまだの時間に

ひらひらと舞うコウモリを目撃しました。竹藪の近くだったので

やぶ蚊を捕食しに来てたのか?さだかではありませんが 確かに!

目撃しました。近頃の環境の変化(35℃越えの気温)が コウモリにも

生きていく為の選択を迫り 変化しながら 生きていこうとしているのかも

しれません。私たちも 35℃越えの40℃近くまでの温度上昇は

徐々に経験してきてますがかなりしんどいです。

しかし、 この環境下で 生きていく為には 自分も変化しなければ

生きていけないと思います。50歳を過ぎましたが

まだまだ 経験不足です。

この環境下 進化していく有害獣 害虫に対して

進化をしていかないと 負けてしまいます。

 

今週は イタチ コウモリと塞ぎ工事が 入ってます。

水分補給して 安全第一で行きましょう。

 

 

 

本日の投稿者:
駆除研究所へのお問い合わせ