TEL:0120-233-546 お見積りはこちら
中小企業PL保険制度
求人募集
  • 社長の部屋
東京23区を中心に関東全域、広島県・岡山県・山口県・鳥取県・島根県(中国地方)、徳島県・香川県・愛媛県・高知県(四国地方)、福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県(九州地方)、岐阜県

大量発生!

2015年7月14日

どうも中島です

今回はヤスデについてです。

image

ヤスデ類の中で、問題となりやすい種類は「ヤケヤスデ」です。本種は体長2cm、幅2ミリの細くて小さな体で、体色は褐色(赤茶色)をしています。

ヤスデ類は野外の落葉や朽木の中、石や倒木の下に生息し腐植質を食べています。自然界での分解者で、益虫となります。
しかし、ヤスデ類は見た目の不気味さと、また発生量が多いこと、防御のために、臭腺からクサい匂いの体液を分泌するため不快害虫として問題となることがあります。
臭いの体液は、ヨードやキノンなどのシアンを含んでいるため、誤って口に入ると危険です。

image

ヤスデは4~11月頃まで発生が見られ、特に梅雨時期に大発生したものが、水による溺死を避けるためブロック塀に群がったり、壁面を登り、家屋内に侵入してきて嫌がられます。
image

先日も大量発生したヤスデの駆除に行ってきましたが、その量と見た目にはちょっと圧倒されるものがありました。

ではまた次回お会いしましょう。

本日の投稿者:
駆除研究所へのお問い合わせ