TEL:0120-233-546 お見積りはこちら
中小企業PL保険制度
求人募集
  • 社長の部屋
東京23区を中心に関東全域、広島県・岡山県・山口県・鳥取県・島根県(中国地方)、徳島県・香川県・愛媛県・高知県(四国地方)、福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県(九州地方)、岐阜県

Weeds never die

2019年6月14日

おはようございます、事務の黒田です。
少雨の今年はギラギラの紫外線を浴びて、庭の朝顔は先週より一層、モッサモサ具合を増しております。
肥料をやって、毎日マメに水をやって、蔓を固定して…と、掛けた手間に比例してモサモサに茂るのはまぁ判るのですが。
どんなに少雨でも水をやらず、肥料を施すどころか、目についたらブチブチと毟っているにも関わらず、何時の間にやら旺盛にモサっているのがこの時期、どのお宅でも悩みの種である雑草です。
週末にでも頑張って毟るか、と思っているうちに、ぐんぐん伸びるのが雑草。まさにWeeds never die!
あまりに伸びてしまうと、毟る以前に刈り取る必要が出てきます。
しかし暑い夏の盛りに、そんなのする元気ないよorzと挫けて、つい頼ってしまうのが除草剤。
最近ではドラッグストアさんやホームセンターさんなどで、簡単に散布出来る除草剤や散布用の機材が、多種多様に売られています。
枯らした雑草は、熊手などで搔き集めてキチンと処理が出来ればいいのですが、住んでいない家や、敷地が広くてなかなか庭全体に手が回らない!という方もいらっしゃいます。
しかし、それらを長年にわたって放置すると、そこで繁殖を行うのがムカデです。
立ち枯れた雑草や処分されないままの落葉の下で増えて、晩春から初夏になると姿を現し、いったい何処の隙間から!?と思うような場所から家屋内に入り込みます。
その姿だけでも不快なのに●キブリなどと違って、夜、寝ている間に噛んでくるという、迷惑極まりない害虫です。ホントに痛かった!(>_<)
市販の薬剤を散布して、家屋内に入ってくる事をある程度シャットアウトする事は出来ます。
それでも入ってくる!もうちょっと根本的にどうにかしたい!!消毒範囲が広域すぎて、機材が無くては太刀打ち出来ない!という方は、弊社のような専門業者で消毒を行うのも一つの手段ではあります。
因みにムカデなどの不快害虫の駆除は、外周りの消毒が主になります。
その為、梅雨の雨や台風の風雨や気温の下がり具合によっては、秋口に再度の消毒が必要になってくる場合もあります。
一般家庭の不快害虫駆除も承っております。
ムカデやヤスデなど、足がたくさんある害虫でお困りの際は、是非日東防疫にご相談ください!

本日の投稿者:
駆除研究所へのお問い合わせ