TEL:0120-233-546 お見積りはこちら
中小企業PL保険制度
求人募集
  • 社長の部屋
東京23区を中心に関東全域、広島県・岡山県・山口県・鳥取県・島根県(中国地方)、徳島県・香川県・愛媛県・高知県(四国地方)、福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県(九州地方)、岐阜県

ビフォーアフター

2019年4月26日

こんにちは、事務の黒田@今でもデブですが、昔はもっとデブでした(T0T)
明日から世間の皆様は、10連休に突入という羨ましいお話です。自分は明日もフツーに仕事ですorz
まぁ、仕事じゃなくても何の予定もない自宅の大掃除&断捨離を頑張る予定です。
ちなみにデブると昔の服は、痩せたら着れる!と取っておきがちですが、デブから痩せると、昔の服は躊躇なく捨てられます。
家屋内の断捨離は、ネズミやゴキブリの生息場所を減らす事につながるので、衛生面でもお勧めです。
どんなにたくさん薬剤や器材を使っても、ヤツらの隠れる場所が多いと、数の減少にはなかなか至りません。
まずは住みかとなる不用品や死蔵品の物陰や、巣材となる古紙や古布を処分してみて下さい。
また、外気温が日に日に上がっていくこれからの時期は、家の周りの雑草や落ち葉の片付けもお勧めです。
特に生い茂った雑草の処分は、視覚的に達成感が大きいです。

雑草モサモサ


スッキリ!


ムカデやヤスデなどの不快害虫は、立ち枯れたままの雑草、降り積もった落ち葉が腐った中で繁殖し、餌となる害虫を求めて、サッシの隙間などから室内に入り込んできます。
暑からず寒からずのこの時期は、ムカデの繁殖場所を減らす草むしりなどにはうってつけです。
毎年いつの間にやら部屋の中に入り込んでいるムカデがイヤ!(>_<)/
市販の薬を頑張ってまいても、シーズン中は何度も姿を見る!(;_;)という方は、一度弊社のような専門業者で、大々的に駆除を行ってみるのも手段の一つです。
ただ、弊社としても残念なことに、ムカデの駆除は外周りの消毒が主となるため、シーズン序盤に消毒を行っても、梅雨の雨、台風の風雨によっては、シーズン終盤を前に薬効が切れてしまう事があります…
その為、完全にムカデをシャットアウトしたいという方には、二度の消毒をお勧めしております。
一般家庭の外周り消毒・不快害虫侵入防止薬剤散布なども承っております。
ムカデでお困りの際は、是非日東防疫にご相談ください!

本日の投稿者:
駆除研究所へのお問い合わせ