TEL:0120-233-546 お見積りはこちら
中小企業PL保険制度
求人募集
  • 社長の部屋
東京23区を中心に関東全域、広島県・岡山県・山口県・鳥取県・島根県(中国地方)、徳島県・香川県・愛媛県・高知県(四国地方)、福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県(九州地方)、岐阜県

キクイムシが発生した→駆除方法

2017年3月11日

どうもです

タカマツです

シロアリと違って乾いた木が大好きなキクイムシ。

幼虫の間は木材の表面に出てくることはなく、成虫となって木に

穴をあけ出てきます。

キクイムシの成虫が出てきた際、

床などに細かい木くずのような物が落ちたりします。

駆除をせずほおってしまうと、木材は穴だらけになってしまい

もちろん被害にあった木材の強度は失われてしまいます。

キクイムシ自体は弱い虫なので成虫は殺虫剤で簡単に死んでしまいます。

ですが、幼虫は木の内部に入り込んでしまう為、

薬剤が浸透しずらく完璧な駆除というのはかなり困難と言えます。

木屑を発見したらその上の木材に直径2mmほどの穴が見つかるはずです。

穴が見つかったら、穴に詰まっている木屑を掃除機で吸い出し、

その穴にエアゾールというキクイムシ、シロアリ駆除用の

殺虫剤を噴射します。

その際エアゾールのピンノズルを使用して下さい。

そうすると木材にうまく注入することができます。

更にその穴の周りにドリルなどで数ミリの穴を複数あけ、そこから

同じように殺虫剤を注入するとさらに効果があります。

DSC_0245

 

 

本日の投稿者:
駆除研究所へのお問い合わせ