TEL:0120-233-546 お見積りはこちら
中小企業PL保険制度
求人募集
  • 社長の部屋
東京23区を中心に関東全域、広島県・岡山県・山口県・鳥取県・島根県(中国地方)、徳島県・香川県・愛媛県・高知県(四国地方)、福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県(九州地方)、岐阜県

ショック…!

2016年12月16日

今日は、事務の黒田です。
年の瀬も押し迫り、何かと慌ただしいこの頃ですが、先週末に愛車を擦ってしまい、ショックのあまりこの一週間ほど、タマシイがすっぽ抜けた廃人です(ノД`)・゚・
購入以来1x年11ヶ月と二週間、自分でぶつけたのは二回目なので、ショックも倍増しです(;_;)
ぶつけたり擦ったりは、ある程度は想定の範囲内である車であってもショックですが、瑕疵がないこと大前提の家屋に想定外の何かがあると、こちらもショックは割増です。
外部にハチが巣を作った等ではまだしも、床下の水漏れなどが原因となる白蟻の加害は、音も臭いもないまま、そっと被害が広がってゆくので、気が付いた時はなかなかの精神的ショックが大きい瑕疵です(>_<)
大雪を過ぎて冬至も近いこの時期、白蟻はシーズンオフかと思われがちですが、白蟻は床下でコッソリと越冬しています。弊社地元のような地熱の高い温泉地では、冬場でも元気に活動していたりもします。
そしてそんな白蟻が、半年後の蒸し暑い夕暮れに群飛で飛び立つ姿は、ショックを通り越して悪夢のような光景です(;゚□゚)ナニアレー!?
冬だから白蟻は大丈夫!とは思わずに、業者も比較的ヒマな時間的余裕のある冬場に、気になる様でしたら調査などを行われてみてはいかがでしょうか。
一般家庭の白蟻調査も承っております。
床下の白蟻がご懸念の際は、是非日東防疫にご相談ください!

本日の投稿者:
駆除研究所へのお問い合わせ