TEL:0120-233-546 お見積りはこちら
中小企業PL保険制度
求人募集
  • 社長の部屋
東京23区を中心に関東全域、広島県・岡山県・山口県・鳥取県・島根県(中国地方)、徳島県・香川県・愛媛県・高知県(四国地方)、福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県(九州地方)、岐阜県

Fly fly…?

2016年7月9日

ビューン
今日は、事務の黒田です。
一昨日の七夕では、宇宙飛行士の大西さんが無事、ソユーズにて宇宙ステーションに旅立っていきました!ドッキング成功、おめでとうございます!(*´∀`*)ノ
そして昨日の広島戦では、タテジマさんの自力Vが吹っ飛んでいきました…(ノД`)・゚・。
飛んで来るもの行くもの様々でして、近年ご相談や問題化が多いのが、飛翔昆虫の混入です。
建築物の構造技術向上などで、建物の気密性が上がっても、何処からか飛んで来る微小昆虫。
問題化するのはやはり、食品工場等が多いので、必然的に薬剤の使用も制限される事が多いです。
そんな場所にお勧めなのが、捕虫器の設置になります。
誘因灯で虫をおびき寄せ、粘着テープで捕獲するという昔ながらの方法ですが、音も臭いも無いので、食品を扱うお客様にはお勧めな一品です。
コバエで困ってるけど、レストランの客席ホールに捕虫器は…と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、昨今では様々な型の捕虫器がございまして、オサレな間接照明かと思いきや、実は捕虫器!という商品もございます。
これから気温の上昇する時期、どんなに頑張っても何処からともなく飛んで来るコバエ等には、薬剤を使った消毒よりも、捕虫器などを使った恒常的な管理が効果を発揮します。
捕虫器の設置・消耗品の管理なども承っております。
飛んで来るコバエなどでお困りの際は、是非日東防疫にご相談ください!

本日の投稿者:
駆除研究所へのお問い合わせ