TEL:0120-233-546 お見積りはこちら
中小企業PL保険制度
求人募集
  • 社長の部屋
東京23区を中心に関東全域、広島県・岡山県・山口県・鳥取県・島根県(中国地方)、徳島県・香川県・愛媛県・高知県(四国地方)、福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県(九州地方)、岐阜県

【生物の成長スパン(サイクル)に薬剤はついていけるのか?】

2016年7月19日

おはようございますMです

本日は、ユスリカと薬剤駆除に関して少々、、。

夏季到来とともにマンホールや排水口からフラフラっと現れてきますユスリカ(チョウバエ)等は、一律の薬剤だけでは処理出来ないという点を抑えて、害虫駆除管理を徹底していかなくてはなりません✍

image

ユスリカは一般的な蚊とは異なり、成虫になりますと口や消化器官が著しく退化し、餌も摂れずに死んでゆく不思議な生物です

image

幼虫はアカムシと呼ばれる実に小さい個体で、ある一定の環境を好んで、大量発生します。

駆除するにあたり、最も処理に困る存在はこの幼虫にあります⚠️

成虫であれば、蚊柱と呼ばれる発生ポイントを正確に見抜き、ピンポイント(マンホールや排水口、ときにはジャバラ配管のS字、塩ビパイプ、タイヤの溜り水など)で薬剤処理を行えば、直ぐにでも駆除可能です

但し、これでは意味がありません。

成長サイクルの早いユスリカ等は数時間あれば、幼虫から成虫へ成長し、1日足らずで再度蚊柱が上がり増殖します☠️

又、前後に成虫を薬剤処理した箇所では発生し難く、もっと手の届かない箇所での発生になるケースもあり、駆除が容易でなくなる可能性も秘めております

ハエ・蚊専用の薬剤を吹き込んだだけでは、水に溶けることで有効成分が分解されたり、幼虫には有効効果が現れる前に羽化してしまい、全く効果がなかったりと厄介です

そこで必要になってくるのは、第二の薬剤と幼虫が存在している箇所の正確な特定です

まず、第二の薬剤とは…

限定(特化)された有効成分。

現存する幼虫・卵の成長を停止させ、個体を全て死滅させる効果に限定された薬剤です。

当然、手当たり次第に使用するだけでは全く効果がない薬剤でもあります。

次に、私たち害虫駆除専門業者の最も重要な仕事かつ見せ場でもある発生箇所の正確な特定です。

これが出来なければ異物混入の危険性や不快感に恐怖を抱く日々を過ごす結果に終わってしまうでことでしょう

お客様と私たち駆除業者が連携して、はじめて根本的な問題解決に向き合うことが出来るので、ご質問・ご相談がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい

日東防疫 株式会社

本日の投稿者:
駆除研究所へのお問い合わせ