TEL:0120-233-546 お見積りはこちら
中小企業PL保険制度
求人募集
  • 社長の部屋
東京23区を中心に関東全域、広島県・岡山県・山口県・鳥取県・島根県(中国地方)、徳島県・香川県・愛媛県・高知県(四国地方)、福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県(九州地方)、岐阜県

身近に潜む吸血鬼

2015年7月28日

どうも中島です。

今回はノミ(蚤)についてご紹介します。

image

蚤(のみ)はノミ目に属する吸血性の昆虫で、日本からは約80種が知られます。

■ノミによる被害
ノミは成虫が哺乳類や鳥類から吸血します。ノミに刺されると激しい痒みに襲われ、みずぶくれやかさぶたができます。
ノミの生態

日本には約80種が知られていますが、被害例が多い種としては「ネコノミ」や「イヌノミ」が挙げれられます。
成虫の体長は2~3mmで、吸血は雄・雌成虫ともに行ないます。雌成虫は吸血2日後くらいから産卵をします。卵の大きさは0.5mmほどです。

image

卵からかえった幼虫はゴミの中の有機物や親の排泄物を食べて、体長4.5mm前後にまで成長します。その後、蛹になり成虫へとなります。
卵から成虫になるまで22℃では15日を要します(温度によって異なる)。ネコやイヌなどの動物の他、人にもよく集り、吸血します。

ネコノミなどはなかなか厄介で、周りの環境などによりますが、撃退するのに手が掛かります。

ではまた次回にお会いしましょう。

本日の投稿者:
駆除研究所へのお問い合わせ