中小企業PL保険制度
求人募集
  • 社長の部屋
TEL:0120-233-546 お見積りはこちら
別府:0977-24-3546
大分:097-504-7210
広島:082-516-5390
東京:03-5733-1070
福岡:092-477-5831
熊本:096-213-0670
東京23区を中心に関東全域、広島県・岡山県・山口県・鳥取県・島根県(中国地方)、徳島県・香川県・愛媛県・高知県(四国地方)、福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県(九州地方)、岐阜県

駆除研究所 本日の現場ブログ

2018-07-10 駆け引き!?

おはようございます。

火曜日担当の小嶋です(笑)

皆様、寝不足とちゃうやろか?

西野監督も常時、駆け引きしてたと思ういますが

弊社もスタッフ皆、天候と駆け引きしてます!!

施工工事は雨天では出来ません。

その為、段取りが悪くなる!! っと分かっていても

雨降る前にせなアカン事は 事前に工程を進めて施工してます。

先日も新人の石田君と有害獣侵入防除施工をしています。

雨天で濡れて困る手元や部材、乾燥時間が必要な工程は先に行い、

逆に自分達だけが濡れる工程等は後まわし、何とか1日で

施工を終わらせます。

この時期は施工がなかなか出来ず、順延する事によって

お客様を待たせてます(-_-;)

常に天気予報を確認し、手帳と睨めっこしとるわ…

 

せやけど、「平成30年7月豪雨」は凄まじい…

被災者の方々には何と声をかけていいか…

正直言葉がみつかりません。

私達スタッフも安全第一を心掛けてはいますが

自然には とうてい適いません。

 

まぁ、焦らず安全第一で頑張ります(笑)

 

隊長こと小嶋でした。

 

 

 

2018-07-09 キイロスズメバチ駆除

梅雨明けもそろそろですかね
日東防疫 高松です

最近はスズメバチ駆除が増えてきてます

先日も公園内にできたスズメバチ駆除に

行ってきました。

キイロスズメバチの生態

巣は、樹木の茂みや木の洞の中、岩の割れ目、といった自然にある環境に作られるだけでなく、軒下、屋根裏、橋の下、看板の裏、ゴミ箱の中など、我々の身近に存在する人工的な場所にもよく営巣します。

秋に羽化した新女王蜂は交尾後、十分な栄養を蓄え越冬体制に入ります。越冬場所は主に柔らかめの朽ち木の中です。

越冬女王の活動開始時期は5種のスズメバチの中では最も早く、3月の終わり頃に既に活動を開始した女王蜂を見かけたことがあります。一方、営巣活動が終了するのは最も遅く、11月に入っても活動中の巣が見られます。

営巣開始当初は閉鎖的な空間に巣を作りますが、働き蜂が増えてくると、より広い空間を求め巣の引っ越しを行うことが非常に多いです(引っ越し率は7割を超えるらしい)。したがって、いきなり多数の蜂が現れ、みるみるうちに蜂の巣が作られることがあります(例えば軒下などに)。

新女王の産出ができる巣は、少なくとも働き蜂が300匹は必要で、巣の規模が大きく、働き蜂の個体数が多い巣ほど、新女王(と雄バチ)の産出数が増加します。1つの巣で誕生した新女王の数がなんと1,600匹を上回っていた事例も報告されています。

キイロスズメバチは空中を飛翔している昆虫を頻繁に狩ります。ハエ目の昆虫(成虫)を好みますが、それ以外の昆虫も狩ります。例えばミツバチの巣の入り口周辺で飛翔しながら待機(ホバリング)し、帰巣してきたミツバチを空中で捕獲するのです。

ホバリングしながら帰巣するニホンミツバチを狙う個体(ミツバチ側は警戒態勢)

飛翔中のニホンミツバチを捕らえた個体

スズメバチは目が良く、動く物に対しては特に敏感です。そもそも獲物を狩るときには飛翔している昆虫に狙いを定め、それを空中で捕獲するという習性があるわけで、動きの速い物に対して敏感な理由が分かります。

ヤブガラシに訪花した働き蜂

なので、知らずに巣に近づき蜂から警告を受けた場合、うかつに蜂を手で追い払ったり、走って逃げるなど急な動きをしたりするのは、蜂を刺激するので止めた方が良いわけです。

また、飛んでいる昆虫以外の獲物もよく狩りますし、死んだ魚や蛙の肉をあさることもよくあります。

甘いものも大好きで、果実、花蜜、樹液を好んで摂食します。

先日の現場です。

木の高いとこに巣を作ってましたので

ハシゴをつかい

バシッと駆除しときました

お疲れ様でした。

 

2018-07-07 梅雨時季の消毒

おはようございます😃日東防疫、現場担当の森永です。今週は台風からの雨続きで、ジメジメした1週間でしたね。梅雨だから当たり前なんですけど…この時期に気をつけたいのがお部屋のお手入れ(^_^;)

カビや汚れはもちろんそうなんですけど、湿度と気温も高い梅雨時期になると、ダニやノミなどの繁殖率も高くなってしまいます。

消毒と予防も含めまして今週は薬剤を使って室内の空間噴霧をして参りました…効果の程はというとはい、たくさん出ていらっしゃいました。色々と、こんな方達まで😓wしっかりと避難してもらいました⭐︎

一般のご家庭から職場まで、室内消毒はいかがでしょうか⁉️日東防疫 のしっかりケアで安心して梅雨を乗り切りましょう❗️❗️

2018-07-06 狭隘。

おはようございます、事務の黒田です。
他の方がたくさんネタにしてましたが、先々週末に大分チームが広島営業所に押しかけお邪魔してきました!
その流れで翌日は、呉の大和ミュージアムに行きました。カレーは食べ損ねましたがorz
が、体験型が大好きな事務員は、てつのくじらでテンション大爆発!Σ(゜▽゜*)
リアル●戦のローレライに、一人大喜びでした(^-^)/
そして実際に寝転ぶことができる、ウワサの三段ベッドは、当然の事ながら寝転がりましたが…
規格外のチビの自分ですら、狭かった(>_<)
出るときはロッカーに頭ぶつける程の狭隘な場所で日々お休みになられている、潜水艦乗りの皆様には頭が下がります…
そして似たり寄ったりの狭隘な場所に入らなければならないのが、天井裏の有害獣の防除作業です。
体が細いイタチやテンなどは、小さな隙間からスルリと入り込み、狭い天井裏も広々と駆け回り、繁殖します。
特に今は繁殖シーズン終盤で、親よりも体が細く、尚且つソコソコの重量のある子供が、縦横無尽に天井裏やそれよりも狭い壁の間などを活発に動き回ります。
天井裏の有害獣にお困りの皆様は、この足音が苦になる!夜が眠れない!というお悩みが圧倒的大多数です。
ご自分でどうこうしようにも、狭い天井裏に入るのは難しいし、危ないと躊躇される方も多いです。
また、有害獣の防除は、再度の侵入がおこらないように、侵入箇所を徹底的に閉塞する必要があります。
天井裏や床下などの、狭隘な場所での駆除・工事なども桁回っております。
天井裏の有害獣でお困りの際は、是非日東防疫にご相談ください!

2018-07-05 今日も質問タイム

日東防疫の

浦田です。

 

今日は、店舗様のねずみ回収に伺いました。

 

こちらの店舗の担当者が

今日は全く反対方向の現場にいて身動きが取れない状況で、

私の現場が最も近くだったこともあり、ヘルプで入らせていただきました。

飲食関連で女性の多い職場だったので、

衛生面等には、とても気を付けていらっしゃいましたから、

早く回収に来てほしいとのご連絡だったようです。

 

状況のヒアリングやねずみ回収、

その他のトラップ等をひととおり点検して報告に行くと

最近は アリが出てきて困っている とのご相談も聞くことができました。

今後の対処についてのお話がひと段落すると

他の店舗スタッフの方々から

 

『ウチにムカデが出るけどどうしたらいい?』

『ウチもアリが上がってきて気持ち悪い』

 

などなど、店舗とは関係のないご質問タイムにしまって

気づけば、この後の予定が押してしまいそうな時間に・・・。

 

この時期は様々な生き物が活動的になり、

雨が多いので家屋内へ侵入が増加します。

最近、行く先々でこのような害虫・害獣に関するご質問を

いただくことが多くなってきました。

 

皆様に必要とされていることを実感することができ

光栄であるとともに

しっかりとご要望に応えていけるよう

日々精進あるのみと身を引き締めて

業務に取り組んでまいります。

2018-07-04 シロアリからスズメバチまで・・・

おはよう、ございます。日東防疫の久保です。

大型の台風の影響で 現場の調整に苦労してます。

天気ならば 出来る仕事も 先送りしてます。

台風対策で 出社時間も 遅くしてます。

 

現場は ネコの手も 借りたいくらいになってますが

我が家のネコちゃんは、 いつも寝てばかりですが。

いつも、 癒されてます。 それだけで いい仕事してます!

昨日今日と

2日間続けての 全館消毒に 行ってます。

今の時期は どこも 休館日で消毒が重なる場合が多く

人員配置で 四苦八苦します。おまけに台風です。

焦らずに ひとつひとつ終わらせて 行きましょう。

 

先日は、 シロアリの調査で日出方面に行きました。

今時期なので、 イエシロアリの調査になりました。

1階階段付近に 蟻道がありました。

聞き取りにより

羽アリが2・3度夕方から夜にかけて飛んだとのこと。

ほぼ イエシロアリ確定です。

天井裏を確認すると

こんな感じで 蟻道が・・・

蟻道の中には、 たくさんのイエシロアリの兵蟻が!

 

床下にも

コンクリート基礎から土台へ蟻道が伸びてました。

 

2階の天井裏 1階の天井裏 床下までの徹底した駆除を

提案します。

生き物相手は、 自分の持てるすべてを出し切り結果を

見ることが 次に繋がっていきます。

中途半端は、 次が 解らなくなります。

いつも 現場は 全力を 出した結果が 楽しみです。

良い結果ばかりでは ありませんが、

そこが 害獣害虫たちの

すばらしさ すごさなのかもしれません。

負けられませんけど。

おまけですが、

シロアリ調査中

床下に前年のスズメバチの巣を 発見しました。

お客様から昨年出入り情報聞いてなかっら

ビビッてますね。

 

今週も 天気が イマイチですが

安全第一で行きます。

 

 

2018-07-02 コウモリ侵入

日東防疫
高松です。

先週はコウモリ侵入防除の現場へ行ってきました
薄暗くなり空を見上げると…
意外と飛んでます

ここでコウモリの知識を少し書きます

私達の暮らしと縁が薄そうに見えるコウモリ。
しかし実態は建築物の瓦の下や天井裏、換気口、橋の下、倉庫など建物のあらゆる隙間を寝ぐらとし、市街地を中心に生息しています。糞害や病原菌の繁殖の元となり、発見したら迅速な対策が必要です。

大きさは、前腕長 30-35mm胴長 40-60mm、尾長 30-40mm、体重5-10g。 体毛は黒褐色から暗灰褐色。幼獣は黒色。 市街地を中心として、平野部に広く分布しています。

都心部にも数多く生息し、夕刻の空に普通に飛翔しています。逆に建物が少ない山間部などには少ないことも特徴です。

夜行性で、昼間は寝ぐらで休み、日没近くから夜間に飛び回ります。
カ、ユスリカ、ウンカなどの小型昆虫類を主食とします。日本では、11月ごろから暖かい場所で冬眠し、4月頃に覚め、活動を開始します。

雌は満1歳から出産し、初夏に1-4頭の子を産み、1か月程度で巣立ちます。
数頭の家族単位で暮らすことが多いのですが、10月に入ると交尾が行われ、幼獣を含む雌の繁殖集団では、50-60匹、時には300匹以上にもなることがあります。寿命は雄で1~3年、雌で5年ほどです。

最近は家の中が暖房等で暖かく

冬眠しない場合もあるようです

さて、現場では

スーパースペシャルウルトラルーキーの森永くんが施工をしてますね

頑張ってます。

これからもまだまだ暑くなっていきますが

体調を崩さずにいきたいと思います。

 

2018-06-29 コウモリ活動時期到来。

今日は、事務の黒田@はやぶさ2、小惑星りゅうぐうへ無事到達おめでとう!
これから先、りゅうぐう地表へ想定外の着陸したり、交信が途絶したり、リアクションホイールが故障したり、ミネルバ投下失敗したり、イオンエンジンをニコイチ稼働したりせずに、無事に地球に帰還して貰いたいものです(-人-)ナムー。
それにしても前回の満身創痍でのはやぶさ帰還は、本当にドラマチックでした。
しかし、同じ飛んでくるモノでも全然ドラマチックじゃないのが、天井裏に住み着いたコウモリです。
夏至も過ぎて明後日から七月。
まさにコウモリの活動シーズン到来です。
日没直後になると活動を始めるヤツラは、出入りの際に排泄物を撒き散らすので、出入口となる天井裏通気口の周辺やその下などは、甚だしい糞害に見舞われます。
蚊取線香やバルサンが効く、とも聞きますが、そのような物の薬剤臭に驚くのも束の間、出て行ってもすぐに戻って来る確率は高いです。
また、帰巣本能が強いため、今現在出入口にしている場所だけを塞いでも、他に通れそうな穴があると、そちらに移動して再度、我が家と定めた天井裏に戻ってきます。
その為、築年数の経過した住宅の場合、最悪家の四方に足場を架設して、徹底的に侵入箇所の閉塞工事を行う必要があります。
時間もお金も手間もかかる、大変な大仕事です。
ですが、長年夏になるとコウモリの糞に悩まされていた…!というお客様にとって、この先コウモリに思い煩う事のない、ストレスフリーな住環境への整備は、イトカワからサンプルリターンを無事に果たした、はやぶさの帰還レベルの感動があると思います!よく解らない基準ですが!
市販の器材などでは難しい、天井裏に住み着いたコウモリの追出し、徹底的な侵入箇所の閉塞工事を行っております。
天井裏のコウモリでお困りの際は、是非日東防疫にご相談ください!

2018-06-28 ニャンでいるの?

先日、イタチの捕獲の現場からご連絡があったので

伺ってみると、

 

 

ネコが捕まっていました!

実はこちらの現場で3頭目のネコです(笑)

人里離れた場所に離しにいくのも3回目(泣)

害獣の捕獲でしばしばあることですが、

子猫がかかっていたりしたときは、

要注意です。

【鳴いてばかりいる子猫ちゃん】を見捨てることができず、

引き取ることになってしまった先輩スタッフがいるとかいないとか!?

 

この数日後、なんとか本命?のイタチが捕獲されて、

つがいのイタチがいるかもしれないので、ワナを継続設置中です。

もうネコは入らないで~!

2018-06-27 コウモリのフンが 天井裏にあります。

おはようございます。日東防疫の久保です。

梅雨の合間を見ては、イタチ工事 シロアリ駆除

ネコノミ駆除 コウモリ工事 ムカデ駆除を行っています。

繁忙期の為、フル稼働の状態です。

今時期は、食中毒も注意しないといけません。

体調管理も重要です。

 

先日、コウモリの工事に新人の石田さんと行ってきました。

暑くて二人ともバテバテでしたが 何とか無事終了しました。

侵入箇所も無事閉塞完了しました。

 

壁の周りのフン清掃 除菌も行い無事完了しました。

綺麗な空間で 生活したいですね!

 

今日は、 朝早くから 石田さんと長崎県に

イタチ侵入防止工事に泊りで入ります。

床下 50メートルほど 塞ぎます。

水分をしっかりとり 安全第一でいきます。

 

 

 

駆除研究所へのお問い合わせはこちらから