中小企業PL保険制度
求人募集
  • 社長の部屋
TEL:0120-233-546 お見積りはこちら
別府:0977-24-3546
大分:097-504-7210
広島:082-516-5390
東京:03-5733-1070
福岡:092-477-5831
熊本:096-213-0670
東京23区を中心に関東全域、広島県・岡山県・山口県・鳥取県・島根県(中国地方)、徳島県・香川県・愛媛県・高知県(四国地方)、福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県(九州地方)、岐阜県

衛生害虫

2017年1月14日

タカマツです

ゴキブリについて勉強しました

潜伏場所は暖かくて暗いところが好き!

ゴキブリが家の中に侵入すると、とにかく暗く、湿気が多く、暖かい場所に潜みたがる傾向にあるので、以下の場所にゴキブリがいないか確認してみよう。

【ゴキブリの潜伏場所】
テレビやパソコンの中。
冷蔵庫のモータ部。
キッチンのシンク周りやガス台。
洗濯機の排水口。
ベランダの雨戸の収納スペース。
エアコンの中。
暖かい壁裏や天井裏。
寝室のクローゼットや引き出しの中。
こういった場所を好み、住みつきながら、ちょっとずつエサを食べて大きくなっていくのだ。

卵を産む場所はひっそりと・・・

ゴキブリの卵は、卵鞘(らんしょう)というがま口のような入れ物の中に25~40匹分の卵が入っている。

卵は、小豆ような色と形で光を当てれば、ビーズのように透ける特徴がある。

そんなゴキブリが、卵を産む場所として最適なのが以下の場所。

【ゴキブリが卵を産む場所】
・流し台の中。
・洗面台の裏。
・押入れの中。
・荷物や段ボールの中。
特に、台所や洗面台といった水や湿気のある場所に産み落としやすく、こうやって産み落とされたゴキブリの卵は、7~20日以上の期間を経て、孵化(うか)する。

つまり、ミニゴキブリがうじゃうじゃと生まれ、家の中をはいずり回ることになる

本日の投稿者:
駆除研究所へのお問い合わせ