中小企業PL保険制度
求人募集
  • 社長の部屋
TEL:0120-233-546 お見積りはこちら
別府:0977-24-3546
大分:097-504-7210
広島:082-516-5390
東京:03-5733-1070
福岡:092-477-5831
熊本:096-213-0670
東京23区を中心に関東全域、広島県・岡山県・山口県・鳥取県・島根県(中国地方)、徳島県・香川県・愛媛県・高知県(四国地方)、福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県(九州地方)、岐阜県

豆が大好き?

2015年8月25日

どうも中島です。

今日は台風15号が接近していて、九州地方は害虫被害より大雨被害が心配です。

さて今回は前回より引き続きカメムシについてです。
image

前回野菜好きの話をしましたが、カメムシを放っておくと野菜はどうなるのでしょうか?
カメムシには天敵となる生き物があまりおらず、駆除しないでそのまま放っておくといずれ産卵をして数が増えて群生してしまいます。
野菜が吸汁され続けると生育不良になったり酷い時は株が枯れてしまいます。
特に豆類の被害は深刻で莢の中の果実を吸汁するため実が入らなかったり変形したりします。
トマトなどは吸汁された箇所が変色してスポンジ状になります。
image

カメムシは1年中発生する虫ですが、春に越冬した成虫が初夏に産卵するため、梅雨明けから夏後半にかけての4月~10月が多く発生します。
image

夏に成虫になったものは吸汁を続け、越冬して翌年の春になると再び畑に現れます。

次回はカメムシの発生原因と予防についてです。

皆さんも台風にはお気をつけくださいね。

ではまた次回にお会いしましょう。

本日の投稿者:
駆除研究所へのお問い合わせ